トップページ

広島祥門会のホームページへようこそ

広島祥門会は、合気道開祖・植芝盛平先生の最後の内弟子である菅沼守人師範(合気会 八段)に指導を受けた広島在住の祥平塾門下生により2007年に開設しました。菅沼先生の心と技を学び、知、徳、体のバランスが取れた豊かな人間性を涵養することを目的として、広島市内で稽古を続けています。
入門は随時受け付けております。合気道に興味をお持ちの方は、まずお気軽に稽古の見学にいらしてください。

お知らせ

第12回 広島祥門会研鑽稽古会

5月6日(日)、菅沼先生に広島にお越し頂き、広島市の南区スポーツセンター柔道場にて、第12回広島祥門会研鑽稽古会を開催しました。
バンクーバー祥門会、播磨祥平塾、岡山祥門会、山口祥和会、祥平塾からも多数参加頂き、共に気持ちの良い汗を流しました。
懇親会は、中区の釜飯酔心本店にて行い、瀬戸内の食材を使った料理とビール、そして地酒を頂きながら、懇親を深めました。
遠方よりお越し頂いた菅沼先生、そして各道場の方々に、会員一同、改めて御礼申し上げます。


第32回 祥平塾合気道演武大会

4月29日(日)、福岡サンパレスにて開催された第32回祥平塾合気道演武大会に、広島祥門会より3名が出場し、演武を行いました。当日は、九州を始め、日本各地、そして海外はカナダから、祥平塾直轄道場及び傘下の約100団体が参加し、それぞれ演武を披露しました。今年も出場できたことに感謝しつつ、また来年も出場できるよう、また一年、会員一同、稽古に励みたいと思います。
これからも一日一日、一回の稽古、一回の技を大切に、楽しく稽古をしていきたいと思います。